Services Agreement

サービス利用規約

この規約(以下「本規約」といいます。)は、Ethical Works(以下「EW」といいます。)が提供するオンライン・コンサルティング・サービス(以下「本サービス」といいます。)の利用に関する条件を定めるものであり、本サービスを利用するすべてのお客様に適用されます。本規約において、「ユーザー」とは、本サービスの利用を申し込むお客様(いずれのプランを選択したかを問いません。)をいい、本サービスの利用には、本利用規約及びプライバシーポリシーに同意いただく必要があります。本サービスの利用を検討されるにあたっては、本規約及びプライバシーポリシーをよくお読みください。

第1条(本サービスの利用に関する条件)

  1. 本規約は、ユーザーとEWとの間の本サービス利用に関わる一切の関係に適用されるものとします。また、EWが自身のウェブサイト(URL: https://ethical.works/、以下「本サイト」といいます。)上で掲載する本サービスに関するルールは、本規約の一部を構成するものとします。
  2. ユーザーは、本規約に従って本サービスを利用するものとし、本規約に同意しない限り本サービスを利用できません。
  3. ユーザーが所定のプランを選択し本規約に同意したうえで本サービスの利用を開始した時点で、当該ユーザーとEWとの間で、本規約の諸規定に従ったサービス利用契約(以下「本利用契約」といいます。)が成立します。
  4. 本規約の内容と、第1項に規定するルールその他の本規約外における本サービスの説明とが異なる場合は、本規約の規定が優先して適用されるものとします。

第2条(本規約の改訂・変更)

  1. EWは、EWが必要と認めた場合には、本規約の内容を変更することができるものとします。
  2. 前項の規定により本規約を変更する場合、EWは変更後の本規約の施行時期及び内容を本サイト上での掲示その他の適切な方法により周知し、又はユーザーに適宜の方法により通知します。ただし、法令の規定等により個別にユーザーの同意が必要となるような場合には、EW所定の方法でユーザーの同意を得るものとします。

第3条(ユーザー登録)

  1. 本サービスの利用を希望するユーザーは、本規約を遵守することに同意し、EWの定める情報をEWの定める方法により、EWに提供することによって、ユーザー登録をするものとします。
  2. ユーザーが以下の各号のいずれかに該当する場合には、EWは、ユーザー登録を拒否し、又は当該ユーザーによる利用を制限することがあります。
    (1) 未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかであって、法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意等を得ていなかった場合
    (2) ユーザー登録にあたってEWに提供された情報の全部又は一部につき、虚偽、誤り又は記載漏れがあった場合
    (3) 第15条1項に規定する反社会的勢力に該当するとEWが判断した場合
    (4) 過去に本利用契約その他EWとの間で締結した契約に関し、当該契約に定められた義務の履行を怠ったことがある場合その他本利用契約上の義務の履行を怠るおそれがあるとEWが判断した場合
    (5) その他、EWがユーザー登録を適当でないと判断した場合

第4条(ユーザーに関する情報の取扱い)

  1. ユーザーは、本サービスのユーザー登録及び利用に際して、自己に関する情報その他本サービスの利用にあたってEWが求める情報(以下「ユーザー情報」といいます。)を送信する場合には、真実かつ正確な情報を提供しなければなりません。
  2. ユーザー情報に誤りがあった場合又は変更が生じた場合、ユーザーは、速やかにユーザー情報の修正又は変更をしてください。
  3. EWは、ユーザー情報、その他本サービスの利用に関しユーザーから収集する情報を、別途定めるプライバシーポリシーに従い適切に取り扱うものとし、ユーザーはこれに同意するものとします。

第5条(本サービスの内容)

  1. 本サービスは、複業・独立・起業を目指す個人や小規模のチームを主な対象とした、適切なITリソース及び専門家リソースを提供し技術支援又は経営支援を行うサポートサービスです。
  2. 本サービスは、ユーザーの需要に応じるための複数のプランを用意しており、ユーザーはそれぞれ自身の需要に対応するプランを選択することで本サービスの提供を受ける事ができます。各プランの具体的な内容については、本サイトをご確認ください。

第6条(サービス提供の態様)

本サービスでは、いずれのプランであるかにかかわらず、EWがユーザーに最適と判断するチームを構成します。ユーザーはEWの提案するチームについて、予めEW以外の第三者が含まれることを承諾します。

第7条(本サービス利用の対価)

  1. ユーザーは、本サービス利用の対価として、各プランに対応した利用料金を支払う必要があります。ただし、EWはプランに応じて一定期間の無料トライアル期間を設ける場合があり、当該無料トライアル期間中は、ユーザーに対する利用料金の支払義務は発生しません。
  2. 前項の利用料金は、クレジットカード決済又は別途EWが定める決済手段により支払われるものとし、ユーザーは、ユーザー登録の際に当該決済手段を選択した上で、利用料金支払いのために必要な手続きを取るものとします。

第8条(関係資料等の提供)

  1. 本サービスの提供にあたり、ユーザーは、EWからの要請に従い、本サービスの提供に必要となるデータ、プログラム、写真、イラスト、企画書、その他資料・情報(以下「関係資料等」という。)を無償で提供いただく場合があります。
  2. 前項に規定する関係資料等を提供いただけない場合には、本サービスの適切な提供が難しくなる場合がありますので、予めご了承ください。

第9条(本サービスで提供される業務内容等の追加・変更等)

  1. ユーザーは、本サービスの提供を受けるに際して、プラン変更(追加を含みます。)その他当初予定していた提供内容の変更を求める場合には、できる限り早い段階でEWに要望をお伝えください。ご要望の内容や時期によっては、当該ご要望にお応えできない場合がありますので、ご理解をお願いします。
  2. 前項の規定に従い本サービスの提供内容を変更する場合、当該変更の内容によってはEWから改めて利用料金の見直しを要請する場合があります。

第10条(知的財産権)

  1. 本規約において、「知的財産権」とは、著作権(著作権法第27条及び第28条の権利を含む。)、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含む。)及びノウハウをいいます。
  2. 本サービスの提供に際して生じた知的財産権は、原則としてユーザーに帰属するものとします。ただし、本サービス提供前からEWが自ら保有し又は第三者から正当な使用許諾を受けていた知的財産権については、従前どおりEW又は第三者に帰属するものとする。
  3. 前項本文に規定する知的財産権について、EWは本サービスの広告宣伝目的の合理的な限度でこれを使用する場合があるものとし、ユーザーは予めその使用を許諾します。

第11条(秘密保持義務)

  1. EW及びユーザーは、相手方から開示を受け又は知り得た相手方の販売上・技術上又はその他一切の業務上の情報(以下「秘密情報」といいます。)を厳重に保管・管理するものとします。ただし、次の各号のいずれか一つに該当する情報については秘密情報に含まれないものとします。
    (1) 開示を受ける前に既に保有していたことを合理的根拠に基づき証明できる情報
    (2) 開示のときに既に公知であった情報及び開示後に開示された者の責任によらず、公知となった情報
    (3) 秘密保持義務を負うことなく第三者から正当に入手した情報
    (4)相手方から提供を受けた情報によらず、独自に開発又は創作した情報
  2. EW及びユーザーは、秘密情報について、本利用契約の目的の範囲内でのみ使用するものとし、相手方の事前の同意なく目的外での利用は行いません。

第12条(保証の否認・免責)

  1. EWは、本サービスの提供を通じて提供される一切の情報につき、ユーザーの特定の目的への適合性、商品的価値、正確性、有用性、完全性、適法性、ユーザーに適用のある団体の内部規則等への適合性を有すること、及びセキュリティ上の欠陥、エラー、バグ又は不具合が存しないこと、並びに第三者の権利を侵害しないことについて、本規約で定めるほかは如何なる保証も行うものではありません。
  2. 本サービスの提供を通じてユーザーが開発したサービス、製品その他の成果物に関してユーザーと第三者との間において生じた取引、連絡、紛争等については、ユーザーが自己の責任によってこれを解決するものとし、EWはかかる対応につき何らの義務をも負いません。

第13条(契約解除)

  1. EWは、ユーザーの帰責事由の有無にかかわらず、ユーザーが本規約の条項のいずれかに違反した場合において、書面による催告後15日以内に当該違反状態が是正されないときは、本契約を解除することができるものとします。
  2. 前項に関わらず、EW及びユーザーは、相手方の帰責事由の有無にかかわらず、相手方が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合、事前に通知又は催告することなく、本利用契約を解除することができるものとします。

    (1) 支払停止若しくは支払不能となり、又は破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始若しくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合
    (2) 自ら振出し若しくは引き受けた手形又は小切手が1通でも不渡りの処分を受けた場合
    (3) 差押、仮差押、仮処分、強制執行又は競売の申立てがあった場合
    (4) 租税公課の滞納処分を受けた場合
    (5) 金融機関から取引停止の処分を受けたとき
    (6) 財産状態が悪化し又は悪化するおそれがあると認められる相当の事由があるとき
    (7) 本規約に定める条項につき重大な違反があったとき
    (8) 刑法上の犯罪行為、その他法令・公序良俗に反する行為が認められたとき
    (9) 民法第542条各号に該当する事由が生じたとき
    (10) その他、本契約を継続し難い重大な事由が生じたとき
  3. 前項各号に該当した当事者は、相手方に対し負っている本利用契約に関する債務について期限の利益を失うものとします。
  4. 本条第1項及び第2項に基づく解除は、相手方に対する損害賠償請求権の行使を妨げないものとします。

第14条(損害賠償)

  1. ユーザーによる本規約違反行為その他本サービスの利用に起因して、EWに直接又は間接の損害が生じた場合(当該行為が原因で、EWが第三者から損害賠償請求その他の請求を受けた場合を含みます。)、ユーザーは、EWに対し、その全ての損害(弁護士等専門家費用及びEWにおいて対応に要した合理的な人件費相当額を含みます。)を賠償しなければなりません。
  2. EWは、本サービスの利用に関連してユーザーが被った損害につき、一切の責任を負いません。ただし、EWの過失(重過失を除きます。)によりユーザーに生じた通常の損害に限っては、ユーザーからの請求時点においてEWが受領済みのサービス利用料金の12ヶ月分を上限としてこれを賠償するものとし、逸失利益その他の特別損害については賠償する責任を負わないものとします。

第15条(反社会的勢力の排除等)

  1. EW及びユーザーは、それぞれ相手方に対し、次の各号の事項を確約します。

    (1) 自ら及びその役員(取締役、執行役、執行役員、監査役又はこれらに準ずる者をいう。)が、暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団、その他これらに準ずる者(以下、総称して「反社会的勢力」という。)ではないこと、及び反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有していないこと
    (2) 自己又は第三者の利益を図る目的又は第三者に損害を与える目的をもって反社会的勢力を利用し、又は反社会的勢力に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなど、反社会的勢力の維持、運営に協力し、又は関与していると認められる関係を有していないこと
    (3) 反社会的勢力に自己の名義を利用させ、本契約及び個別契約を締結するものでないこと
    (4) 自ら又は第三者を利用して、相手方に対し、脅迫的な言動又は暴力を用いる行為、風説を流布し、偽計又は威力を用いて相手方の業務を妨害し又は信用を毀損する行為、法的な責任を超えた不当な要求行為、その他これらに準ずる行為をしないこと
  2. EW及びユーザーは、相手方が前項の確約に違反した場合、事前に通知又は催告することなく、本契約の解除をすることができるものとします。なお、本項による解除によって相手方に損害が生じてもこれを一切賠償することは要しません。
  3. 相手方が本条に違反したことによりEW又はユーザーに損害が生じたときは、当該相手方はその一切の損害を賠償しなければなりません。

第16条(不可抗力)

  1. 本利用契約締結時点では予測し得なかった天災地変・疫病・戦争・内乱・法令の制定改廃・公権力の命令・処分その他EW及びユーザー双方の責に帰することができない事由により、本利用契約の目的を達することが不可能となった場合、本利用契約は当然に終了します。
  2. 前項により本利用契約が終了する場合、これによって双方が被った損害については、各当事者はその責を負わないものとします。

第17条(権利義務の譲渡)

  1. ユーザーは、EWの書面による事前の承諾がある場合を除き、本利用契約に基づくユーザーの権利若しくは義務、又は本利用契約上の地位について、第三者への譲渡、承継、担保設定、その他一切の処分をすることはできません。
  2. EWが、本サービスにかかる事業を第三者に譲渡し、又はEWが会社化(法人成り)若しくは消滅会社若しくは分割会社となる合併若しくは会社分割等により本サービスに係る事業を包括承継させたときは、EWは、当該事業譲渡等に伴い、本サービスに関する本利用契約上の地位、権利及び義務並びにユーザー情報その他のユーザーに関する情報を当該事業譲渡等の譲受人又は承継人に譲渡することができるものとし、ユーザーは、予めこれに同意するものとします。

第18条(契約期間)

  1. 本サービスの提供期間は、本サービス利用のためのユーザー登録の日から6ヶ月後の日が属する暦月の末日までとします。ただし、期間満了の1ヶ月前までにユーザーから所定のフォーマットを通じた解約の申出がないときは、本契約は同条件で更に同期間継続されるものとし、その後も同様とします。
  2. ある月の途中で前項に定める解約を申し出られた場合も、当該月及び翌月の利用料金の支払い義務は免除されません。解約をご検討の場合には、期間をよく確認の上お申し出ください。

第19条(分離可能性)

  1. 本規約のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、当該無効又は執行不能と判断された条項又は部分(以下「無効等部分」といいます。)以外の部分は、継続して完全に効力を有するものとします。EWは、無効等部分を適法とし、執行力をもたせるために必要な範囲で修正し、無効等部分の趣旨及び法律的・経済的に同等の効果を確保できるように努めるものとします。
  2. 本規約のいずれかの条項又はその一部が、あるユーザーとの関係で無効又は執行不能と判断された場合であっても、他のユーザーとの関係における有効性等には影響を及ぼさないものとします。

第20条(準拠法及び管轄裁判所)

本規約は日本法に準拠し、本規約及び本利用契約に起因し又は関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

2020年3月27日 本規約制定
2020年4月20日 改訂