UBERDOC

患者と医師のためのケア・マーケットプレイス

Screenshot 2021-01-07 at 3.45.07 PM.png

HealthTech

ヘルステック

Web App

Webアプリ開発

DevOps

開発・運用チーム

適正価格で優先的に最高の医師とつながる

UBERDOCは、ヘルスケアの専門家を探し、予約する方法の改善を目的とし、2016年アンドーヴァーで設立されました。この企業は患者が医師を探して緊急の予約を入れられるマーケットプレイスを立ち上げました。オフライン・オンライン予約のいずれも、フラットかつ透明性のある料金で利用可能です。

UBERDOCのファウンダー、ポーラ・ムート医師は一般外科および血管外科の民間外科診療グループを率いています。長年、彼女はアメリカのヘルスケアシステムにおける患者の長い待ち時間と不便を目撃してきました。その問題を解決するため、有料のケア・マーケットプレイスというアイディアが生まれました。

オンラインであれ、患者が住んでいる地域であれ、このプラットフォームは、定価で医師と連絡をとり、24時間以内に予約を入れることを目指します。

ポーラ・ムート医師のゴールは、ヘルスケアへの独立したシームレスなアクセスを提供することです。そこには、手続き、ラボテスト、レントゲンなどの透明な価格設定を保証することが含まれています。そのため、2020年8月、UBERDOCはMYRX365と提携し、処方箋の透明な価格を保証しました。

カンタンな専門家検索

スピーディーな予約

安全なオンライン決済

プロジェクト課題

課題はライドシェア・アプリで使われている要件をヘルスケアに適用することでした。その要件とは、医師と患者がサービスに登録し、患者が望む医師とつながることです。

解決策

技術要件ごとにWebアプリ開発チームが複雑なWebソリューションを構築

スコープ

半年間で機能を追加し、MVP(実用最小限の機能を備えたプロダクト)を拡張しました。その後、1年かけて磨き上げてきました。これからも運用サポートを継続します。

チーム構成

プロジェクトマネジャー
テックリード
開発運用スペシャリスト(DevOps)
Webエンジニア(複数名)
品質管理担当

期間

2018年12月〜現在

開発プロセス

アジャイル手法とDevOpsの融合

アジャイル開発

UBERDOCから提供されたユーザーストーリーと共に、スクラムのベスト・プラクティスに沿った開発プロセスを実行。それによって、スムーズで可視化された、効果的な開発が可能になりました。

プロダクト設計

プラットフォームの中核となる構造とナビゲーションは、ユーザーフローで定義されています。このストラテジーは常にプロジェクトを考え直し、アップデートするのに役立ちます。

EGOチームははアジャイル開発手法を採用し、ストーリー・ポイントを処理していきました。
ポーラ・ムート医師

開発と機能の詳細

UBERDOCメイン機能のご紹介

医師と患者のページ

医師と患者のプロフィール
仮払い機能
遠隔医療の予約

高速予約システム

専門家に直接アクセス
予約空き状況の確認
透明で適正な価格

便利な管理機能

予約状況のトラッキング
予約空き状況の確認
透明で適正な価格

開発に使用したツール

キーポイント

プロダクト開発運用における特徴

開発スタイル

リリース前にプラットフォームのバージョンを3つ用意

サービス要件

ひとつの病院に複数拠点をもたせるなど、業界仕様に即したアップデート

ユーザー体験

あいまい検索の実装(例:正しくない病院名や病院名の一部でヒットする)

サービスの質

予約フォームへのHIPAA(医療保険の運用と説明責任)コンプライアンス適用

EGOは予算に応じた質の高い成果物をつくり、今まで不可能だったことを可能にしてくれました。
ポーラ・ムート医師

プロジェクトの現状

2019年10月から遠隔医療が有効になり、UBERDOCはアメリカの患者と医師に利用されています。現在もユーザー・フィードバックを活用し、不具合の修正、課題の解決、小さな改善を繰り返しています。

採用したライブラリ

UBERDOCは以下のテクノロジーを活用しています

日本のヘルスケア課題

政府の方針や一般的に認識されている課題をまとめました

医療・介護の現場

医療や介護の最前線である現場。現場における情報活用や医療従事者のメンタルケアも重要です。

データ活用の促進

健康管理、予防など生活の改善はもちろん、セキュリティで保護されたデータの共有も大切です。

テクノロジー活用

遠隔医療やアプリによるトラッキングだけでなく、より深いヘルステックの活用が求められます。

2020年7月に閣議決定された成長戦略においても、技術革新等を活用した効果的・効率的な医療・福祉サービスの推進が明記されている。それらのサービス実現のためにはデータ等を活用した健康づくり、疾病・介護予防を目的とする次世代ヘルスケアサービスとそのシステム基盤の構築が求められている。
矢野経済研究所 - 次世代ヘルスケアシステムの動向調査を実施(2020年)

ヘルスケア産業の市場規模

出典:数字で見るヘルスケア産業 2030年、37兆円規模に(2016年)

ヘルステックと解決策

EGO CREATIVE INNOVATIONSとエシカルワークスはヘルスケアという社会起業、社会貢献をヘルステックとサービスデザインの側面からサポートいたします。ステークホルダー全員の体験向上を目指します。

もちろん「ビジネス」なのですから、適切な収益を上げて、持続的にサービスを提供できるようにしないといけません。ただ、医療・ヘルスケア領域の課題解決だけにフォーカスしてしまい、「どのように売上を上げるか」という視点が抜け落ちてしまっている事業アイデアも見かけます。
事業構想大学院大学

ヘルスケアをデザインする

社会に価値を提供するサービスをデザインしませんか?