情報セキュリティ:テレパシーを分析することで得られたセキュリティ対策

Published by Mana on
情報セキュリティ:テレパシーを分析することで得られたセキュリティ対策
本記事のトピックは「情報セキュリティ」です。エシカルワークスは、SDGsの「つくる責任、つかう責任」を情報にも適用しています。ここでいう情報セキュリティとは、自由意志を尊重するコントロールされない情報についてです。エデュテイメント・プロジェクト「アルクトゥルスの分析官」では、テレパシーを情報技術で解読するというシステム分析を行っています。... Read More

コラム:アナタ間違い、ワタシ正しいはもったいない

Published by Mana on
コラム:アナタ間違い、ワタシ正しいはもったいない
今日は「知らないことを間違いと断定して、排除するのはもったいない」というトピックです。つまり、自分が知らないことを間違っていると断定したり否定するアプローチは、進化や成長のタイミングを逃すことになるということです。私たちは、相手が間違っていて自分が正しいという思考と感情の枠組みにハマりがちです。いったん、このフレームから世界に関わりだすと、正義の名のもとで戦いがはじまります。ある意味、光と闇の闘いです。この状態... Read More

コラム:意識から考える「つくる責任、つかう責任」

Published by Mana on
コラム:意識から考える「つくる責任、つかう責任」
意識。それは「気づき」であるといわれます。いきなりですが、果たしてそうでしょうか?この質問の意図は、気づきのレベルや属性、種類などについて、もっと考察の余地があるのではないかということです。気づいている、気づいていない、という判断や認識は、あくまで人間視点で人間中心のフレームにおける評価です。それは、どちらかというと(ハードウェアの)フィードバックにフォーカスしています。... Read More

意識テックと意識工学:宇宙テクノロジーを地上にもたらす基礎

Published by Mana on
意識テックと意識工学:宇宙テクノロジーを地上にもたらす基礎
エデュテイメント・プロジェクト「アルクトゥルスの分析官」では、意識工学と意識テックにフォーカスしたコンテンツをナラティブとともにお届けしています。今週は、意識的に次元を扱う前処理として、アプリを実装しました。ノーコードなインテグレーション・ツール「Integromat」は統合をテーマにしたアプリにピッタリです。以下のようなプロトタイプを動かしながら、動画で解説しました... Read More

意識工学:人工知能へ接続するメタ認知システム

Published by Mana on
意識工学:人工知能へ接続するメタ認知システム
随分、大げさなタイトルで恐縮です。本日のトピックは「メタ認知」です。意識工学というと「なじみ」がないですが、メタ認知というと納得感が出ます。ということに、本日気づきました。メタ認知をカンタンに説明すると、問題から距離をとることにより、実態を認識する。ということになります。例えば、強烈な怒りの感情にはまり込んで、とんでもなくブチ切れている状態。この状態は問題との距離がゼロといえます。感情が自分になってしまっている、ゼロ距離です。... Read More