ビジネスを一緒に無人化していきませんか?

働かない未来を創る自動化コンサル

仕事の量が多すぎる…

ビジネスを経営するために、文字通り「死ぬほど」働かざるを得ない人がいます。

一方、人を雇わず、ほとんど働かず、驚くほど低コストでビジネスを切り盛りしている人もいます。いったいその違いはどこから来るのでしょうか?

それはDXの先にある、ビジネスの無人化です。

ニュースを受け取る

働かない未来をつくる無人ビジネスについて配信します。

無人ビジネス

無人ビジネスは、ほとんどの作業を自動化してしまう取り組み。なので、あなたの作業は確認・判断・ワンクリックだけでOK。たくさんの人員も、広いオフィスも不要です。

しかも、一般的なシステム開発と違って、ゼロから設計・開発はしません。既存業務を少しずつ自動化しながら、徐々に人間の手を離れていくようにするので、自動化しすぎておかしくなるリスクも防げます。

少ない労力・コストで大きな力を発揮できるテコの原理を実装していきます。結果、人件費という原価が減るので、利益が増えるようになっています!

無人ビジネス構築のステップ

働かない未来をつくるためには、次の3つのステップが必要です。

1データのデジタル化
2作業の自動化
3ビジネスの無人化

無人ビジネス診断

適正とメリットを確認し、診断にお進みください。

無人ビジネスに向いている方々

  • 一人社長、または複数のビジネスを経営している
  • サイドビジネスを少ない労力と時間で経営したい会社員
  • 事業承継後にビジネスを無人化したい買収起業家

無人ビジネスの構築と展望

  1. 実用最小限の経営要素を地図にする
  2. 地図に書かれた地域を徐々に自動化する
  3. 各地域が確認や判断でまわるように仕上げる
  4. 必要に応じて徐々に拡張するか横展開する
  5. 自分で経営するか売却する(M&Aの契約書あり)

結局どんなメリットがあるのか

手のかからない複数の事業を経営できるため、無人化された複数の収入源を持つことが可能です。また、不動産を所有して管理会社に任せるように、無人ビジネスを機械に任せることができるので、売却含め事業投資になります。

では、働かない未来のための課題を診断していきます。

売上が落ちている

売上低下の要因は複数あります。思い当たるフシはありませんか?

waiting, wait, time, waiting room, patience@2x.png

顧客離れが進んでいる

今までお付き合いしてきたお客さんがドンドン離れていっている。おそらく、競合との価格競争が原因なのではないか。

これだと思う
shared equaly, percentage, percent, divide, distribute@2x.png

新規顧客が少ない

市場のパイを奪うため、ターゲットにアタックしているのだけど、反応やイマイチ。おそらく、広告が機能していない。

激しく同意
landscape, outdoors, nature, field, horizone@2x.png

施策がうまくいかない

ネットやソーシャルメディアを調べ、他社の成功事例をマネている。なぜかどれもヒットしない。もっと別の手段があるはず。

ちょっと焦り気味

コストが減らない

コスト構造が問題かもしれません。根本原因を探ってみましょう。

production, industry, factory, machinery, machine@2x.png

人件費と採用コスト

採用広告をやめて、エージェントに依頼した。人は集まるが、相性やパフォーマンスに問題が。いつも人が入れ替わっている。

当社あるある
promotion, ad, advertisement, marketing, announcement@2x.png

広告・マーケティング

有名なメディアに広告を出稿し続けている。サイトやブログにキーワードも散りばめた。費用対効果の低さにいつも遠い目。

驚愕の事実
startup, start up, business, launch, rocket@2x.png

システム導入・開発費

新規事業の開発を丸投げ。営業効率化のため世界的に有名な製品を導入。コンサルも入れたのに、誰もちゃんと使えない。

ただいま炎上中

DXの波に乗り遅れそう

周囲を気にし過ぎかも。有効なテコの支点を探ってみましょう。

trouble shoot, trouble shooting, wave, disaster, customer service@2x.png

何から手をつければ…

どこもかしこも、デジタルだ、DXだと宣伝がスゴイ。何をどうすればわからなくてネットの記事を読んで理解したつもり。

今さら聞けない
review, rating, customer service, customer service, comment@2x.png

新規事業の計画が…

DX戦略と銘打って、破壊的なイノベーションを起こそうと画策。ネットでデータも調査してみたのだけれど、実行に至らず。

計画のほうが破壊的
protection, security, shield, fight, safety@2x.png

アナログの移行が…

アナログをデジタルにするんでしょ?それはもうわかった。とはいえ、通常業務をやりながらどうやってシフトするの?

やめられない、とまらない

無人ビジネスへのステップ

自動化コンサル導入から無人ビジネス構築への流れはとてもシンプルです。

地図を作成する

最初に実用最小限の経営要素を地図にします。あなたを取り巻く「人」に着目し、無人化する役割と責任を明確にします。

デジタル化する

自動化できないと無人ビジネスは構築できません。よって、機械が扱えるようにデータとタスクをデジタル化していきます。

段階的に無人化する

デジタル化したデータとタスクを一連のフローにして自動化していきます。完全自動化まで一歩ずつ着実に前進します。

コンサル導入のメリット

ビジネスを徐々に無人化していくと3つの効果が現れてきます。これらは、あなたが少ない資源と労力でレバレッジを利かせた結果です。

コスト削減

人件費、ムダな時間、ツールなどへの不要な出費がおさえられることにより、コストがグッと下がります。

利益アップ

ビジネスの無人化というのは、いってしまえば最適化。コストが下がれば利益は出ます。そこから拡張・強化です。

ストレス軽減

ムダなモノゴトがなくなると、ミスも減ります。すると顧客体験や従業員体験の質が上がり、収益が拡大します。

収益増収を加速する

あなたを含むスタッフの体験を高めると、顧客体験の質が上がります。その結果、収益増収スピードが1.8倍高まることが調査によって明らかに。

数字で見るコンサル実績

エシカルワークスのサービス実績を最新の数字でレポート。

10プロジェクト参画数
26顧問コンサルの継続(月)
225運営コミュニティ所属人数
40自動化実績のあるアプリ数
3公式製品パートナー数
12テックコンサル歴(年)

コンサル事例

無人ビジネスの構成要素を実績としてご紹介します。

データ駆動型ネットショップ

行動分析ツールの導入、アクセス解析、ダッシュボードの開発など

コミュニティ限定サービス

会員限定サービスを提供するアプリの開発、データ生成の半自動化

マッチングアプリ

メルカリのようなアプリを高速プロトタイピング、デザイン思考で活用

オンライン予約アプリ

コーチ・コンサル向けオンラインセッションの予約アプリを開発

顧客ポートフォリオ分析

データを自動で集計し、貴社独自の顧客ポートフォリオを作成

ソーシャルメディア自動化

特定の条件により、複数のソーシャルメディア投稿を自動化

選ばれる理由

無人ビジネスはDXを実現させる最新のトレンドにフィット。

データへの常時接続

どこにいてもデータに常時接続できるデジタルな環境を提供

レゴブロック型アプリ

素早くビジネスの構成要素を組み立てられるシステム構成が前提

自動化の強化

ハイパーオートメーションと呼ばれる徹底的な自動化を民主化

強固なセキュリティ

データだけでなく連携するアプリ同士のセキュリティも考慮

分散型システムの統合

あらゆる場所に分散するシステムを統合できるデザインと実装

リアルタイムなデータ

データとイベントによって駆動される信頼性の高いビジネスを実現

トレンドを先取りする

完全自動化は大企業やテック企業だけのものではありません。市場がDX推進している間に、先にドンドン無人化してしまいましょう!

働かない未来

働かない未来とは、システムがあなたの代わりに稼いでくれる未来。顧客対応も事務作業も自動化されていきます。とはいえ、巨大で複雑なシステムを開発する必要はありません。

これまでのアプリ開発やコンサルと違い、ご利用中のアプリをつなげて自動化するので、新しいツールを増やしたり、操作方法を学習する必要はありません。ITの専門知識も不要です。

段階的にあらゆる業務がドンドン自動化されていくので、持続可能性があります。結果として、あなた独自の無人ビジネスが実現できるようデザインされています!

無人ビジネス構築チーム

あなたの働かない未来をサポートする専属チームです。

カネウチマナブ

自動化コンサル

IT歴19年、コンサル歴12年。起業、テックコンサル、アプリ開発、スタートアップ経験を活かします。
プロフィール

profile-image (1).png

実装メンバー

開発・自動化チーム

Make日本コミュニティに所属するメンバー。自動化、高速アプリ開発、広告・集客を得意としています。
オフィシャルサイト

自動化のエキスパート

Makeパートナー、PDF.coエキスパート、Todoistのリセラーに認定。

Make partner
Make partner

無人ビジネスの対象

ITが苦手でもまったく問題ありません。スマホやパソコンが使えればOK!

こんな方にはオススメしません

  • 巨大な無人化を爆速で目指す人
  • 企画・設計・開発を丸投げしたい人
  • 他人を使って働かない未来をつくりたい人

一方、こんな方にはオススメです

  • 既存ビジネスの一部を無人化したい人
  • 小さく低リスクに段階的に無人化したい人
  • ご自身の無人ビジネスに責任を持ちたい人

今すぐビジネスを無人化する

働かない未来をつくる無人ビジネスのご相談はこちらから。

Error